デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

英語キーボードの苦悩

以前「US英語配列」キーボードを購入した記事を書きました。

実は私のノートパソコンに接続したところ、無事(笑)「日本語キー配列」にて認識されました(笑)
Windows10の設定のところから見ても、109キーボードが読み込まれています。(英語は101キーボード)

もちろん記号の類いは日本語キーボード通り。

Linuxに接続するキーボードは英語キーボードを購入したのですが、将来的にインストールからネットワーク、セキュリティの設定が終わったらもうLinuxマシンを直接いじることはなくなります。
これ以降はSSH越しのリモートです。

プログラミング、SQL構築を見据えてWindows用にも入力重視のキーボードを入手したのですが、無意識の混乱を招かないように外付けキーボードは全て英語で統一することにしました。

そこで迷ったのがノートパソコン本体付属のキーボードの処遇 f:id:artaxerxes:20170813172959j:plain

この通りバリバリの109族の87?鍵キーボードです。

USB、Bluetoothで接続したら英語キーボードも配列は日本語キーボードになる。

Windowsに複数の配列を登録して使い分けるのはレジストリの追記修正もしくはソフトウェアの力を借りれば可能ですが、どちらを選ぶのかで結構迷いどころです。

ココは多分英語キーボードを手にする人は皆通る問題ではないかと思います。

・・・が結果として、私はノートパソコンも含めて全て英語キーボー通ドで使うという選択肢を選びました。

兼ねてからずっと思っていたのですが、日本語配列の記号類は非常に打ちにくい配列になっています。

C言語でもなんでもゴリゴリプログラミングしてみたらわかるのですが、英語キーボードは記号の入力が非常にスマートです。
Vi Editor、EMACSなどその他のコマンド入力でも非常にやりやすい。

慣れるのに要する日数はたかだか2~3日でした。 (昔から、DVORAKなど、複数のキーボード配列など愛用していましたし、海外生活時はもちろん海外キーボードなので日本語キーボードで凝り固まってなかったからです)

大好きなメカニカルにて、TOPに応じて、青軸(カチカチ音が大きく自宅の自室用)、赤軸(カチカチ音は少し抑えめで自宅・実家の居間などでの利用用)、黒軸(カチカチ音はほとんどせず、カチャカチャ音だけ。会社用)も購入しており入力ライフを満喫中です!

ら~めん粋家

都内でJRをお使いの方はタイトルのラーメン屋さんにご記憶あるのではないでしょうか?

秋葉原、赤羽、東京など多数のターミナル駅の中にはいっており、どこも結構人気があったと思いますが突如として消えてしまいました。

最後の方まで残っていた上野駅も1年前くらいに行ったら閉店しておりもう食べれないものかと思っていました・・・・

が、昨日新幹線待ちですこし時間があったので福島駅で改札の外に出てブラブラしていたら

「ら~めん粋家がある!」

実は昼食は軽く食べてたのですが、これは食べ納めしておかなければ・・・(笑)

ここは本当に自分の行きたかった「ら~めん粋家」なのか?

若干の心配を旨にメニューをみてみたところ・・・

f:id:artaxerxes:20170914171116j:plain

大丈夫でした。

昔よく食べていたつけ麺をオーダーして待つこと約10分

出されたつけ麺の漬け汁を一口含むとふわっと広がるすりゴマの香り。

そう、そう!

この感覚です。

これは他のラーメン屋さんではありません。

このふわっとしたゴマの香りと、白菜の甘みがここのスープの特徴なのです。

しばらくはこちらの出張は福島駅での途中下車になりそうです(笑)

プログラミング教育

最近4才の子供へのコンピュータ・タブレットの教育の一環としてチラシや、メニューなどをつくったりしています。

まずはお店屋さんごっこ、レストランごっこのおもちゃを子供に携帯電話で撮影させます。
私が画像修正ソフトにて修正します。 私がGrafikソフトを操作するのですが、
「背景はどうする?」
「どんな文字をいれるか?」
「文字の色や装飾はどうする?」
など、子供に指示させて私がその通り作成します。 他、2つの同じような絵を用意して間違い探しを作成したりします。

変な補色などの利用があった場合はその都度色を変えたりしならが注意します。
この工程は非常に重要でして、現代はネットにて、品質の悪い「画像」「映像」に満ちあふれているが故に私はデザイナーではないのでプロレベルでは指摘できませんが、知識の限りは教え込まないと行けないと危機感を感じています。

お料理もそうですが、一から作業することで、新聞広告などがどのように作られているのかを経験・想像できるようになることを期待為ております。

このようにすると、テレビのついている単なる黒い箱が とても魅力的な箱に変わるようです。

ただし、子供の需要に応えるためには

  • 立体的にしたり、遠近感を出したり、
  • 婉曲しながら文字を表示させたり、
  • 自由定規(雲形定規)のような自由な曲線にフリーハンドも描ける

・・・ようにグラフィックソフトの操作技能は結構必要になりますので子供の指示を実現させるための勉強にて私も勉強になるところです。
もちろん私も対応仕切れないことが多々あり、結構シビアなです。
そんな出来ないところも子供には見ていて欲しい。

これをもう少し推し進めて、直近ではスクラッチで一緒に遊んでいます。 https://scratch.mit.edu/

これは子供の教育用のプログラミング言語(環境)なのですが、マウス操作だけでプログラミングできます。

私は、子供にタブレットを自由に触らせる悪い親なのですがタッチやスワイプが問題無くできるようになったのでもう1ステージ上の操作をさせようと思ってタブレットに入れて一緒にやっています。

登場人物のデザインを自分で変更して犬が歩いていって「わっ!」、と、脅かしたら、そこからペンギンさんが逃げていく!
録音をして適宜再生させる・・・
のような簡単な物から始めています。  

クラッチについては、NHK教育テレビで小学生向けかな?の番組でスクラッチ講座をしているので、操作はともかくイメージは知っていて基本的な概念の説明が不要なのがありがたいところです。

クラッチでもかなりのものは作れるようです、、、・・・が次はやっぱりプログラミング言語をやらせたいところ。
C言語からやらせたいのが本音ですが、子供には難しいので HSPPython辺りかな!?