デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

お昼ご飯にあたたかいもの

最近 amazon にて T-Falのクイックボウルなる商品を購入しました。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AB-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%B0%82%E7%94%A8-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB-%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-K20301/dp/B00TWT4YOS/ref=sr_1_61?srs=5468248051&ie=UTF8&qid=1518580409&sr=8-61

会社にのお昼に暖かいものを食べたい! というコンセプトで電子レンジで色々簡易調理ができるので購入をしました。
しかも、ありがたいことに会社には自由に使える電子レンジがある、 資本金(購入資金)ざっと1500円程度です。
これを活用するようになり、アツアツなお食事にありつけて、なおかつ1食平均250円以下に収まるようになりました。

都内山の手線の昼食代はだいたい一食850円~1050円程度なので、一食上限金額の250円と仮定すると三食をクイックボールで食べれば元はとれます。
なんと経済的ではありませんか!

更に、パスタをゆでる容器 400円も購入しました。
パスタの外装箱に書いているゆで時間より3分長くゆでなくてはならないのが難ですが、必要に応じてパスタや頂き物のそうめん(乾麺)、うどん(乾麺)、そば(乾麺)も調理できますのでバラエティに富んだ昼食にありつけます。

また、主菜と副菜や、主催と汁物などのバリエーションも可能になりました。
中には調味料代金も含めて一食100円程度で押さえれる日もあり、信じられないほどのコストパフォーマンスを発揮してくれています。

これに味をしめて最近は更にフードコンテナも購入しました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B013S7YYJE/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1

朝出勤と同時に仕込んでお昼に食べるとちょうどよいです。
フードコンテナは通常、直火で食材を加熱するのが標準レシピですが、中華の技法を活用することで直火の必要性はなくお湯だけで調理できるようになりました。

最近お昼が楽しくてたまりません!

会社で電子レンジが使える方はおススメです♪

筆記可能量調査 No.3 ~ PILOT Custom 823 首軸のみ!

主旨説明

これは「筆記可能量調査」と題しまして、手持ちの万年筆を満タン吸入したら一体どの程度書けるのだろうか?

これを、私たちに馴染みの深い 玄奘訳 『般若波羅蜜多心経』 を何枚書くことができるか? ということ基準にして 「だいたい」の筆記できる量の目安を知る、という主旨のシリーズです。

今回の投稿も、この「筆記量可能量調査」シリーズでの一つとなりますので万年筆を実用する中でご活用ください。

過去試験結果を集めたリンクは一番下です。

お手本

下記サイトよりダウンロードしたPDFを使います。
shakyo-print.com

ダウンロードしたなぞり書き練習用プリントの般若心経を、少し小ぶりなのですが A4 サイズのコピー用紙にレーザープリンタで印刷したものを使っております。

試験内容

PILOT の 現在量産中の唯一のP式(プランジャータイプ) Custom 823 太字 を使った試験です。
公称にてタンク容量は1.5~1.6mlとされています。

f:id:artaxerxes:20180212112506j:plain
一度でこれだけ多くのインクが吸入されます

吸入しようと思えば、最大で2.2mlまで入れること可能ですが、一応裏技となるために標準吸入の1.5~1.6ml状態で試験します。

タンク容量が大きいのでこの万年筆にはインキ止め機構が備わっており、使う時はキャップを外すほか、尻軸も回してインキ止めを解除する必要があり、ここがほかの万年筆と異なっています。

f:id:artaxerxes:20180212103839j:plain
インキ止解除状態の尻軸

タンク容量が大きい場合、気温の変化による空気の膨張でインキが押し出されて、インキののボタ落ちが発生するからです。

ちなみに、私はこの万年筆を常に持ち歩いているのですが、家や会社にいるときの他、通勤中、出張中他常に尻軸を開放していますがインキのボタ落ちにはなったことありません。
また、この万年筆の尻軸を開放したまま、国際線飛行機も20回は搭乗しているはずですがいまだインキ漏れ、ボタ落ちがありません。
最近の万年筆はちょっとやそっとではボタ落ち発生しないみたいです。

首軸サイズは15号ニブとなり、PILOT ブランドで販売しているものの中では”カスタム漆”に引き続き2番目の大きさを誇ります。

f:id:artaxerxes:20180211175659j:plain
15号首軸

この万年筆を試験をするわけですが、今回は少し変則的な試験を実施します。

このCustom 823 のインキ止めを作動させている状態で首軸に残っているインクだけで何枚書けるか?という変速的な試験です。
ちょっと万年筆販売員の方がおられたら聞きたいのですが、この手の筆問は店頭でお客様から質問されませんか?
私は万年筆店で冷やかしているときに3回ほど耳にしましたので他にもあるような気がします。

試験結果

1枚と13行筆記できました。 f:id:artaxerxes:20180212103518j:plain

太字でつゆだく状態の万年筆、結構書けたのではないでしょうか?

結果一覧

メーカー タンク種別 字幅 完全筆記枚数 到達行 総文字数 備考
PILOT con-40 細字 8枚 5行目途中 2450文字
PILOT con-40 中細字 8枚 9行目頭 2522文字
PILOT Custom 823 首軸のみ 太字 1枚 13行終了まで 513文字 インキ止作動状態

過去リンク

筆記可能量調査 No.1 ~ PILOT con-40 + 細字 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.2 ~ PILOT con-40 + 中細字 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.3 ~ PILOT Custom 823 首軸のみ! - デジタルとアナログの狭間で

ご希望やご質問など

筆記可能量調査 No1お問い合わせ に質問リンクを置いております。

オリンピック

韓国でオリンピックが始まりましたね。 スケートやスキーは大好きでして大学時代は友達とよく行ってました。 実は高校時代よりすでにインラインスケートにはまっていて、年に1、2回は秋葉原駅前の開発予定地に訪問して滑ったり上手な人に教わったりしていたものです。

スキーやスケートなど、好きでテレビの放送もみていましたが最近は会社で話題が出ていても、もう加わることはなくなりました。

何故って? よく言われます。

はっきり、美しくないから と私は答えます。

フィギュアスケートが好きで食い入るように見ており、長野オリンピックのキャンデロロの演技に興奮で打ち震えたものです。
しかし、今のフィギュアスケートは技術の事ばかり。
スポーツだから、というので何回転だとか、コンビネーションなど必要なのでしょうが芸術性が軽視されています。
芸術点などという評価しにくいものを点数化するので、構成がどうだとか、しっかり指先まで広がっているのか、など画一的な尺度で評価しなくてはならないので当然でしょう。

でも私の求めているのはキャンデロロのような「俳優」としての演技なので、スポーツの「競技」としてフィギュアスケートに全く興味がなくなったわけです。

そして、もう一つ興味なくなったのがジャンプ!
日本の作り出した悪習、V字型が今でも醜くて見てられません。

今でも勝つために欧州勢もV字型で飛んでおりますが、両足そろえて飛んでいた時は美しかった!

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

などと、深酒したら愚痴りたくなったので書いてみました・・・・

しかし、今でも興味が失せていないものもあります。
スピードを競う競技です。

特に滑降がたまらなく好きで、友達とスキーに行っても迷惑かけますが山の上からふもとまでレースをします。
夕食などがかかっている勝負なので真剣そのものです!

今回のオリンピックも、滑降、大回転などは楽しみたいと思います。