デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

文具やデジタルガジェット、徒然なる日記 開設

今までmixiで日記を書いていましたがなんだか知り合いばかりでデジタルガジェットや文具、万年筆のことなど書くことが憚られるのではてなブログ開始してみました。

長く続くかどうかわからないのですが、やってみようと思います。



さて、今回は呉竹万年毛筆のカートリッジインクのこと。

 

どこかのサイトで見かけましたが、外形上はプラチナ万年筆のカートリッジと呉竹万年毛筆のカートリッジが一緒に見えるそうです。

 

f:id:artaxerxes:20160209174937j:plain

 

ディーテールは違うけれども確かに口の大きさなどは同じに見える。

 

今持っているのは、

 「呉竹 万年毛筆 夢銀河シリーズ」

 「呉竹 万年毛筆 本毛 べっこう調シリーズ」

の2本。

 

本当はコンバーターを使いたいのですが、夢銀河の方は長さが足りないのでコンバーターは無理そう=残念。

でもべっこう調シリーズでは長さ的には行けそうです。

使えそうならインク瓶から直接インクを吸入=口をふき取って装着、を考えています。



ちょうど夢銀河の穂先が結構傷んで来ているのでまずは一度夢銀河のカートリッジで互換性を確かめようと思います。

 

カートリッジの形状同じに見えても、もしかしたら吸気口など見えない工夫があるのかもしれない、またインクの構成要素、粘度は違う可能性が高いと考えられます。

その結果として

・穂先がインクを吸入してくれない

・カートリッジが吸気してくれない

(どちらも万年筆系統の筆記具には必要な条件)

可能性があるのでやってみてある程度使ってみないとわかりませんね。

使えたとしてもインクの濃さや黒い度合いなど実用に耐えうるかわからないし・・・

 

穂先は傷んでいるし、インクは新しいものに変わるタイミングなので実験が失敗に終わったら穂先とインクと一緒に交換したらいいんです。

早くインクが無くなってほしいな。

 

f:id:artaxerxes:20160209175108j:plain

 

もうすぐだ、がんばれ!