デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

呉竹万年毛筆2・続編

ブログの初回の話題に引き続き呉竹万年毛筆のカートリッジ続編。

 

無事?使用中のカートリッジインクが切れたので交換しました。

プラチナ万年筆純正コンバーターです。

f:id:artaxerxes:20160213141119j:plain

 

うん、しっかり刺さるしサイズも悪くない。

都内で差し込んで、筆入れに入れてから鞄にいれて千葉の自宅に帰るも特にインク漏れも発生せず問題無くジャストサイズだと思われます。

 

問題は書いた時のインク=黒墨の色はどうだろうか?

 

カートリッジ交換前の2枚はこちら。

f:id:artaxerxes:20160213141505j:plain

f:id:artaxerxes:20160213141717j:plain

 

引き続き、プラチナ万年筆のカートリッジ

f:id:artaxerxes:20160213141802j:plain

f:id:artaxerxes:20160213141827j:plain

 

なんだか同じに見える!?

 

万年筆で書くことの楽しみに、同じインクで書いていても薄いところと濃い所の差があってそのムラを風情として楽しむ傾向があります。

ということから万年筆のインクの方が薄いところと濃い所の差が際立つと思って居たのにそんなことなかったですね。

 

 乾燥スピードも体感ではほぼ同じでした。

 

インクの吸入も悪化しないし、書いていたらきちんとカートリッジの方にも空気が入っていってるので多分大丈夫でしょう。

また逆にドボドボ出過ぎることもない。

 

純正と何ら違いなさそうです。

いや見た目、そして外見も性能も大きな違いはなさそうです。

 

一応問題無く使えそうな感じですかね。

ということは、口の形状からみてコンバーターも使えるでしょう。

 

すれば次はコンバーター+パイロットの黒インクで挑戦です!

なぜならば黒は下のインクを使っているから統一したい!

www.amazon.co.jp