デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

Sailor - Profit Standard

水金鉄観さんのところでコメントした時に、プロフィットスタンダードの感想を聞ければ・・・とリクエストいただいたので書いてみました。

今までレビューみたいの書いたことないので他愛ない内容なのはご容赦ください。

(あわよくば水金鉄観さんにこの記事みてほしいな、と思いつつ書きました)

 

プロフィット・スタンダードといえばセーラー万年筆の入門万年筆のようなも。

f:id:artaxerxes:20160219101115j:plain

私は国内メーカーなら PILOT ファンなので、普通は他のメーカーの万年筆は買いません。

いや、最近は見ることもしません。(見たら欲しくなるから・笑)

しかし、都内の「書斎館」というお店で何気なく店内を見ていたとき、店員さんに絆されて、購入するつもりがないのに薦められるまま試筆してしまいました。

 

いけませんね、買わないものを手に取っちゃ、めちゃくちゃ細い線が書けるのに驚いてそのまま衝撃でセーラー万年筆のプロフィットスタンダードを購入してしまいました。

 

価格を聞いたら1万円くらい・・・・

絶対的に高い筈なのに…店頭の他の万年筆と比べてたら、1万円くらいが安く思えちゃうので、、、なんか、もう、、病気ですね(大汗

 

当然、正直なところ買ってから「しまった!」と思いました。

 

しかも、私は モンブラン・マイスターシュテュック風の バランス型 と言いましょうか?上下がラウンド状になっているのよりも、ベスト型と呼ばれるのか?円柱形の方が好きなんですよね。
また、理由がなければ単一色は基本的に購入しない、必ず柄というか模様が入っているようなものが好みだったのです。

 

ここまであくまでも自分的な好みの面でマイナス要素ばっかり・・・


例外的にPILOT の Elabo も持っていますが、これは「ペン習字目的」で 黒にシルバートリム、ましてや専用に開発された万年筆なので何の心の障害もなく納得できる、、という理屈。

 

そこに来て今回の黒と金の「仏壇系」?と呼ばれるものに手を出してしまったのは、やはり極細字にも関わらず引っかかることもなく ツゥゥーーッ と書ける滑らかな書き味に尽きると思います。


とても変な理由ですがその時、

「遠慮なく定規で書ける!」

これが自分を説得させて購入する為の
「こじつけた 口実」「決め手」でした!

どれくらい細いかはこの写真のとおり!

 

f:id:artaxerxes:20160215204556j:plain

グランセはF、プロフィットはEFです。

同じパイロットの黒です。


こんなに細いのに引っかかりがないのが不思議??

このペンに限ってはインクフローも渋いのでとてもにじむ性質の紙に書いても「にじみません」


角度横からになってますが、ペンポイントはこんな感じで本当に細い!

f:id:artaxerxes:20160219104250j:plain

 

ちなみに、同じプロフィットスタンダードをベースにしている 神戸 NAGASAWA文具センターのプロスケのEFはこんな感じ。

 

f:id:artaxerxes:20160219104548j:plain

ペンポイントの大きさ自体は同じくらいですが、細さが違う。

ちなみにプロスケはフローが良いことも重なって、上の グランセ に近い線になります。


細砥では?と思うものの、購入元は 東京は南青山の「書斎館」さんなので無調整です。
あの店には調整師さんがいません。
PILOTの営業さんに聞いたのですが、徹底的に検品で落とされて!最良品以外は返品されると言ってましたし。

 

ちなみにペン習字目的で購入した PILOT の Elabo も SEF を持っていますが、ここまで細くないです。

手帳にはベストフレンドのペン、そしてにじみを全く気にすることなくガンガンつかえる便利屋ヤツです♪