読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

ラベンダーインキ

 いぶし銀さんのブログでインクの記事のまとめを読んでおりました。

なんだかこの記事を読んでいて日記を書きたくなってしまいました。

 

nekobungu.hatenablog.com

 

いつも持ち運びしているのですが、この遮光瓶には PILOT の ”黒インキ ”が入っています。

皆さん!PILOTは「インキ!」ですよ(笑)

 

f:id:artaxerxes:20160229153843j:plain

 

さて、何の変哲もないこの黒。
しかしこの瓶から吸入した太字の万年筆のキャップを取るとふわっとラベンダーの優しい香りが!

そう、記事タイトルはインキの名前ではなくて、ラベンダーの香りのするインキという意味です!

 

この瓶は、もともとラベンダーのエッセンシャルオイルが入っていた瓶なのです。
それこそ何十回も洗い、中性洗剤で2~3か月つけ置きを2回も繰り返しましたがラベンダーの香りは瓶についたまま。
しかしながら念入りに洗浄したので触ったところ油が付着(厳密には油じゃないですが)している印象もないですし、万年筆に良くないとは思いつつもインキ流量の多く、文字を書いたらこんもりとインキが盛り上がる太字万年筆2本に使っています。


GAIAのエッセンシャルオイルなので、百均とかフランフランなどで安く叩き売りしているような、香料と化学物質からできたものとは違うのでいいかな・・・?などという勝手な思い込み(汗

 

遮光瓶の口径が11mm程度なので首軸上までしか入らず、吸入できても2回程度ですが飛行機にもそのまま持ち込める分量なので重宝しています。(と言いつつこの半年で1回しか飛行機乗ってませんが・笑)

 

精油成分のおかげか、気分よく筆記活動ができるため他の万年筆のインク・インキなどにも入れたくなってしまいますが、今の状態でも危険なことしてることわかってるのっでこれ以上の深入りはやめておきます。

 

全く推奨はしませんけど、こんな奇特なこともやっている人もいます、というご報告。

 

 

Treppensteigen 17 Stockwerke