デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

PILOT キャップレスの不思議

PILOT キャップレス

f:id:artaxerxes:20160324132247j:plain

※PILOT ホームページの画像を拝借

 

www.pilot.co.jp

 

この万年筆は不思議でたまりません。

あんな小さなペン先の万年筆にもかかわらず、今まで試させていただいたペンで硬い感触の書き味のものはなく大型ペンを使っているかのような柔らかさを感じました。

 

いつも万年筆を購入している 書斎館 のスタッフさんからは ●●さん(私のこと)は絶対にキャップレスが気に入ると思います!
と断言されております。

 

この方、私の好みを熟知されています。
なるほど色々なところで試しました・・・・(もともと興味がないので試すつもりがないが、面白いのがあると言って色々なところで試してと渡される)が手の感覚・感触的には私の好みズバリです。


・・・・・でも、やっぱり興味が出ません。
ペン先が小さい、いや見える部分が本当に小さいのがお好みではないのです。

 

この状況を、一歩引いてできるだけ客観的に自分を見たとき、やっぱり万年筆を持っていることを

 

「自慢したい!」

 

気持ちが大きいのかなぁ? 

「万年筆つかってんだpyo、えっへんだpyo !(笑)」

みたいな感じ・・・?

 

なんて最近考えたりしています。

 

 

興味のないペン ないしは メーカーに対しては、本当に、全く、興味が出ないので、無償で差し上げると言われても いつも断る私。
こういうところパソコンと同じで中間がなくて 1 or 0 です。

 

日ごろ

「バランスが良い」

とか

「ペン先が柔らかい」

とか分からないと豪語していますが、書き易く高い能力を備えているとは思いますがやっぱり全く購入したいと思わないところを見ると、

本当に私は

 

・万年筆について浅はかな知識
・ペンの性能に疎い=感じ取る能力がない

 

ということだと思います。

 


キャップレスを通して、自分のことがよくわかりました♪