読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

燃え!

昨日、昔のアニメをタブレットに入れていたことを話題にしました。

 

かつて、パソコンをいじり始めたのが2000年頃だったか? そのころから私は常に「エンコードに燃え」です。

 

音楽と動画。

 


音楽の方は特に変遷もなく
保管: CD
聴くための音楽ファイル: Mp3 128kbps
英会話などのファイル: WMA 64Kbps

に落ち着きました。
自然な流れではないでしょうか?

 

海外旅行に行く前などには、ホテルなどでBGM的的に流して聞けるように
持ってきたい音楽を徹底的に WMA 64Kbps に変換して最低限のメディアで済むようにします。

本当にきにいっている曲などは気分的に 160Kbps に変換してゆきますが、再生機器がたかが知れているので音質を上げることは単なる徒労に過ぎないと思っているので余り真剣に取り組みません。


逆に動画については飽くことない戦いが続いています。

 

当初はMpeg 1 1500Kbps です。
ハードディスクの小さかったころ、これでも結構小さいと思っていましたが保存しきれないので たくさんの
Video-CD
を作成したものです。(今の人知らないだろうなぁ)

 

可搬性が悪い為、その後に DVDなどでおなじみの Mpeg 2 を 2000Kbps をVBR で変換する方法に変わりました。
サイズは大きくなるものの、画質は良くなりますし、外付けHDDというものが身近になったことに加えて、DVDにこのビットレートの動画を入れてたら2倍以上入る為、主なる保存媒体がDVDに変更になりました。

当時DVDは三菱化学の100枚スピンドルを見つけては買いあさったものです。(国産+低価格!)

 

そして次の波は、WMV。

ものすごく小さいファイルになるので、パソコンで見るくらいならこれでいいだろうということで、

Windows Media Encorder の 8 だったか 9 だったかを使てガシガシと変換していました。

ビットレートは 400Kbps(動画 334KBps、音声 64Kbps)


時代は変わってBlu-Rayの登場の頃から事情が変わってきます。
巷に Mpeg 4 が台頭することになります。

言えにはテレビ用のパソコンもあって今は直接パソコンの動画をテレビで見たりしています。
ということで少々はファイルサイズは妥協しても動画の質を上昇させたい。

ということからMp4 は Mp4でも 最終的に私が選んだのは Mpeg 4 H.264/AVC。

当初はXMedia Recordでガシガシとまとめて変換していました。

サイズは小さくなりますが 1500Kbps程度でもかなりキレイ。
逆にそれ以上のビットレートを突っ込んでも満足感は得られなかったのでそれ以上は作りませんでした。
他、TMPG Enc 関係のソフト他なども試してみますがいまいち。

 

Blu-Rayの動画に目が慣れてしまったのでもっと動画の質を上げたいと思い色々調べましたが現在行き着いたのが Aviutl を使って x264 にて変換。
アニメについては 2000 Kbps(動画 2000Kbps、音声 128Kbps@Mp3) に変換した場合、一見しただけでは Blu-Ray の動画かどうかわからないレベルまで設定を詰めることができました。
一応はここで満足しています。

しかし世の中はすごい!
2年ほど前から H.265/HEVC が登場!
早速 Aviutl + x265 にて変換したのですが、半分のビットレートで動きのある部分だけブロックノイズなどは出ますが、通常の視聴について問題ないレベルの為に実用的だと感じました。

利用ビットレートは 1000Kbps(動画 1000Kbps、音声 128Kbps@Mp3)


タブレットで使っている Mx Player Pro でも SWエンコーダー を使うことになってしまいますが視聴できます。

 

しかし!
1年半ほど前の段階ではまだまだ莫大なエンコード時間がかかり実用的ではない。

 

・・・と思っていたのですが、つい先日PCにブラウザハッカーが入ってしまったため、あきらめてOS再インストールした時にAviutlも少しファイルを更新などして入れ替えました。
更新版で改めて H.265/HEVC にエンコードしてみたところ、H.264/AVC の2割アップ程度のエンコード時間になってる!
これは使えます。

ということで、数日前から今ガシガシと大量にある動画資産を H.265/HEVC にエンコードし換えております。


今まで自動車の後部座席用のタブレット、および日ごろ自分が持ち歩いているタブレット用に動画を圧縮して入れていましたが、倍の数の動画を入れれそうです。


これとは別に今、昔のDVD規格の頃のドラマ(古畑任三郎など)の「アップスキャン」を試みています。
なかなか良い設定にならず苦戦しています。
これはまだまだ研究の必要性がありそうです。