デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

自動車の買い替えの話

7月の車検を前に車の調子が悪くなってしまいました。 

次の車検は、そのトラブル解消に加えて、消耗品も一気に交換時期となるためにかなりの出費を強いられることになります。

ということから思い切って車の買い替えとなりました。


マンションの立体駐車場の問題で、幅180cm、高さ155cm以内に納めなくてはならない。
(現在隙間は左右計6cmくらい)

現在乗っている車の後継の車種はなんと横幅が立体駐車場の寸法をこえてしまうため少し小さい車種にならざるを得ません。

 

また、今回はちょっとというか「全く」選択時間がなく、高速・即決で決断が迫られているので真剣に考えました。

ということから、どうせ選択肢としては小さい車種であればコンパクトカーでいいや、ということになりコンパクトカーを中心に考えることになりました。


当初、軽自動車も考えましたが、最近の軽自動車は高座高の車ばかりでNG、それ以上に軽自動車の価格高くて普通車が割安感じるんですよね。
となると、座高問題を解決したコンパクトカーとして

トヨタ: アクア
トヨタ: ヴィッツ
ホンダ: Fit
スズキ: スイフト
マツダ: デミオ
日産: ノート
日産: マーチ

このあたりの車種が頭に浮かびました。

 

<ホンダ: フィット>
上記リストより真っ先に除外したのがこの車。
フィットのサスは堅く個人的にはお好みですが、これは堅めを狙ってやったのではなくて、車内デザイン上の理由からダンパー部分を短くしなくてはならないので硬めになってしまうのです。
堅いサスは好きですが限界が狭いのはイヤ、ということから真っ先に検討から外しました。


<日産: ノート>
<日産: マーチ>
会社の車は、日産にモノを納品している兼ね合いからウィングロードの最上級グレードですが、高回転域の音が濁っていて好みではありません。

不安に駆られる音と振動になります。

なおかつノートもマーチもCVTなので、低速度であっても、無意味にすぐにキックダウンの最高回転域に入るのでぶっ壊れそうで不安。
敬遠します。

 


トヨタ: アクア>
プリウス電気自動車も含めて、「バッテリー」というものに疑心なので選択肢から外れます。
ただ、トヨタにモノを収めている性格上、会社ではプリウス及びフィールダーハイブリッド共に使っていますが、よくここまでハイブリッドという仕組みを作り上げたものだと品質に対しては驚愕に値します。

2系統の駆動が見事に溶け込んでおり素直に感動です。

 


トヨタ: ヴィッツ
ジャパレン、トヨタレンタカーで何度か乗りましたが悪くはありません。
他の国産車と同じく下駄乗りにはとても適してます。
でも、私は基本下駄乗りではなくて、週末遠出形式の多いので、我が家には少々こころもとないのは確か。

エンジン特性にハンドリング特性、そしてシートの影響で長距離を走ると疲れます。
でもこれは一応絞り込みキープ。

 


<スズキ: スイフト
目下の一番有力株。
TIMESカーシェアで何度も乗っており乗り慣れています。
軽メーカーらしく空間の使い方は秀逸そのものです。
なかなかパワフルなエンジンで遠出でも割と楽そう。
ただ不満点もあり(後述)
これも絞り込みキープ。

 


マツダ: デミオ
自家用車、会社の車のほかで、TIMESのカーシェアで最も頻繁に利用している車。

(TIMESはマツダレンタカーを買い上げましたのでマツダ車多いです)
走行経験もそれなりにありますし、勝手もわかっているしなかなか悪くありません。
これも絞り込みキープ。

実は最有力株か?

 


以上、絞り込みキープは。

トヨタ: ヴィッツ
スズキ: スイフト
マツダ: デミオ


上記から早速姿を消したのが、ヴィッツと目下の国産車有力株のスイフト

 

理由は CVT だから。


以前相方のラパンに乗っていた時、スズキの担当者は「CVTは燃費がいいと連呼するので」と言っていたので「そんなに良くない」と真っ向からスズキの担当意見を否定してたこともありました。


下手な運転者には燃費良いかもしれませんが、ロックアップ機構を活用した走りができるなら十分トルコンATに分があります。

特に最近のトルコンATは積極的にロックアップしますしね。

 

しかし、燃費以前にCVTの常に半クラのような感覚が受け入れられません。
アクセルを踏むが、回転数は上がるのだけれども車速はすぐには上がらない。
エンジンの回転数と、車速の相関性がないので感覚がマヒする。

1トン以上の車は高速移動する凶器です。

心配なのはこの車という凶器が、自分の感覚とは違うところで動くのがいやなのです。
だから、CVT、ハイブリッドは乗れません。

 

例外的に、電気自動車は感覚がダイレクトです。
そういう面では検討しても良いかもしれません。

しかし、電気自動車は従来の「トルクカーブ」という概念の無い感覚で、レシプロエンジンとは異次元の加速感があります。
なにせ、生まれてこの方、自動車と言えばレシプロエンジン乗っていたので、深層心理下にまで及んでいる感覚なので制御に不安を感じます。
実際に、ある一定区間のトータルの平均加速スピードはそうでなくても、電気自動車の加速感はどのスピード域からでもクイックで恐怖です。
ということで電気自動車も検討外です。

となると、マツダデミオの一択になりますね。
トルコンAT 6速、燃費も良いです。
でも、交差点ですらロールするのが標準な貧弱な足回り、そして薄っぺらいドア。
堅牢な足回り、強烈なブレーキになれた自分には、国産車の柔らかいサスは、自分の車 するにはちょっと厳しい・・・


POLO、GOLF、MiniあたりもTIMESのカーシェアで時々利用してますのでどうだろうか?
Miniについては走りはすごくいいのですが色々な部分の使い方がいまだに良く分かりません。
POLO、GOLFあたりもTIMESで利用しますが、7速ATとはこれいかに?
6速でも変速多すぎ!って思うのに7速とかわけわかりません。

別に多い事が悪いわけではありませんが、、、、ねぇ。

結局シフトダウンしてもエンブレ利かないんですよね。。。

 

お騒がせのVolks Wagenってところもちょっと・・・、まぁドイツのトヨタですので・・・

とは言ってもBMWもドイツのレクサスに近いものがありますが・・・


他に最近はUp!など色々出ていて正直もうわかりません。

 

ルノーのメガーヌ、ルーテシア、シトロエン、そしてプジョーなどフレンチタイプもいいですね。

イタリア系は個人的には少し敬遠です。

ふさわしい人間になれないような・・・

 

などと、まったくまとまりが無くなった時・・・

結局は、相当に偶然な出会いがあり、朝に車を買い換えることを思い突撃訪問でディーラーで試乗させてもらって夜には即決していました。

妥当な線というか収まるところに収まったと思います。

 

何の車になったかはまた機会があれば。

 

 

時に実は先日のリーフ、車買い換える朝に申し込みしたので結局は決まってから無料モニターでした(苦笑