デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

万年筆を斬る! ~その8~

最近はプラチナ萬年筆の河口で「中軟」がラインナップされなったとあちこちで嘆かれてるように

 

「柔らかいニブ」

 

の人気が上がってきているように思います。

最近私はこれに疑問を感じるようになってきました。

 

かく言う私も Elabo SEF を持っていますが、Elabo は Soft という名を冠していても決して柔らかくありません。
ペン先に弾力があり太字から細字まで書けるというだけで、結構な筆圧をかけないと太字になりません。

逆を言うと、筆圧を上げることのできる特徴を持った万年筆と言い換えてもいいと思います。

このレベルであれば、個人の主観となりますが、柔らかいのではなく「フレキシブル」なだけです。

 


日本語の「トメ・ハネ・ハライ」とうのは、果たして柔らかいニブだからやりやすいのでしょうか?

疑問です。


PILOTのフォルカン ニブなど試しましたが、決してそんなことはなく、固かろうが柔らかろうが

 

「きっちり、トメ・ハネ・ハライ を意識して書く」

 

これが一番重要で、柔らかいか硬いかにかかわらずこの意識により、トメ・ハネ・ハライが成立しているような気がしてなりません。

(単に私が下手、というだけかもしれませんが)

実際、弾力の無い、ボールペンでも、サインペンでも”美しい” トメ・ハネ・ハライ はできますもの。

果たして弘法筆を選ばずなだけなのでしょうか?

 

柔らかいことにより筆を連想させられることによって、なんだか日本語が上手に書けるのではないだろうか?
と各万年筆メーカーの陰謀・・・というか広告戦線に乗せられてるだけではなかろうか?などと、最近は「Soft or 軟」ということに対して少々疑心暗鬼になっております。

最終的には好みの問題なので、単なる一ユーザーの私が「軟 or Soft」をやかく言う必要もないとはわかっているものですが、なんだか良く分からなくなってしまいました。

 

もしかしたら、達筆な人が使えば「軟 or Soft」が素晴らしい「トメ・ハネ・ハライ」に化けるのかもしれませんが、私は達筆ではありませんし、自己流ですがペン習字してますがまだまだ達筆まではほど遠い。

 

「軟 or Soft」が日本語に適しているかどうかの真偽はわかりませんが、私は当分普通の万年筆のままで「良し」とします。