デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

ギフト

とある贈答用に万年筆を探しています。

 

送る相手は色々「書く」ことは多いことはわかっていますが、恐らく万年筆は初めて。

ということで折角なら金ペンの方がベターなのかな?・・・・

などと思いつつ行き付けの書斎館に行き色々見ていたのですが、いまいちピンときません。

 

イメージしている予算は2万円程度。

 

国産万年筆であれば十分良いのが買える価格帯です、が、いかんせんデザインがおとなしい。

「万年筆の教科書」的なモンブラン的なというか、シガータイプというかオーソドックスな単色黒などばかり。

 

先日書斎館でコーヒー飲んでるときの出来事ですが、

来店するなり 「退職祝いなので何か見繕って!」、と店員さんに渡したい相手の性格と退職祝いの状況を伝えたところ、迷わず「カスタム・一意の木」が決まりました。

「えんじゅ」も持ってきましたが、宗教色は出さないよう配慮から一意の木が選ばれました。

 

そんなことを思い出して、シガータイプですが、「カスタム・えんじゅ or 一意の木」もいいか、とも思いましたが、予算の2倍はちょっとやりすぎ感を感じます。

(値段も聞かずに臆面もなく出してくる書斎館の店員さんも店員さんですが・・・値段も言わずに買うお客さんもお客さんだ!

 こういう面白い出来事は書斎館では日常なので面白い)

 

選ぶ万年筆には筆記具としての実用性に、工芸品であることの片鱗を見せたいと考えているから、と考えるとどうも地味なんですよね。

 

透明軸はM805のプリント入りデモンストレーターならともかく、通常は個人的に余り好きではないので今回は選択外。

 

Faber-Castell の アンビションなんかもいいのですが、鉄ペン。

Graf von Faber-Castell の ギロシェの一番下のモデルもいいなぁと思いつつもやっぱり鉄ペン(4万円以上するのに鉄ペン!?)

Caran D'ach のエクリドールシリーズもいいけどこちらも鉄ペン。

DELTA の限定品も見せてもらいましたが、、、というかプッシュされましたがやっぱり鉄ペン。

Dolche vita mini とか見ましたが目ん玉が飛び出る金額ですし・・・(自分が欲しい!)

 

そう、舶来万年筆はやっぱり最低4万円くらい出さないと金ペン出てこないんですよね~。

 

PILOT の「カスタム・レガンス」なんかは適当な値段で、あざやかなプロピオネイト樹脂がセルロイドのようで鮮やかですが、やっぱり大人しい印象をうけるんですよね。

おんなじように見えて、何がDELTAのVintageコレクションと違うんだろう?

DELTA の Vintageコレクションはショーケース見ていて、オっと惹き込まれるのに・・・

 

金ペンで価格を抑える、となると「パーカー」が思い浮かびますが、パーカーは封口処理(※1)をしないとペンが乾いてしまう機種が多いので万年筆を常用している人以外には渡したくないし。

(注1.理由は不明ですが、意図的にキャップに穴をあけた商品が多数存在します)

 

となると、プラチナの金魚とかがピッタリなような気もします・・・

・・・が前も書きましたが「モンブラン」的な「バランス型」というのでしょうか?が好きになれないので考え込んでしまいます。。。

 

時間があるのでもう少し悩みたいと思います。