デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

ネジねじ

モンテベルデのコンバーターは一味違います!

 

見て頂ければわかるとおり、ヨーロッパUniversalタイプのコンバーターです。

 

 

f:id:artaxerxes:20160830193019j:plain

 

左がペリカンで右がモンテベルデ。

 

一応、Amazonのリンクも張っておきましょうか。

www.amazon.co.jp

 

一見同じような性能の製品に見えます、、、
でも、モンテベルデ(Monteverde)のコンバーターは素晴らしい!

 

えっ?何が素晴らしいかって?

 

 

f:id:artaxerxes:20160830193022j:plain

 

このネジなんです!


万年筆って、コンバーターが刺してあるだけなので、外れてしまわないか?という心配があります。

もちろん軸の長さが調整してあり、ポロッと行かない製品が多いのですが全てがそうではありません。

そんな万年筆の心配事を解決してくれる素晴らしいアイデアだと思います。

 

2001年に設立された新しいメーカーで、色々な筆記具を扱っているのでこういう斬新な考え方ができるのでしょうね。

 


歴史好きな私、大体において年季の入ったメーカーを好む傾向にあります。

しかし、今回のこのMONTEVERDE、そしてDELTAを見ていると新しいメーカーの中にも真摯なメーカーがあるんだと再確認しました。