読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

グランセ退院

先日、愛用の万年筆=グランセの塗装が剥げてしまったのでPILOTに修理にだしていました。

 

thutmose.hatenablog.com

 

<p>見積返答があったのはこちら。</p>

 

thutmose.hatenablog.com

 

同時に、キャップの勘合が弱っていること、尻軸にキャップをさしたときにキュッと嵌らず書いている内に吹っ飛んでいしまう=要は固定できない 不良も直していただきました。

 

料金は

基本修理料金: 1000円 オーバーホール、洗浄、インナーキャップ修正含む

首軸交換:   500円

合計1,500円+消費税になりました。

 

おかえりなさい!

 

購入価格10,000円のペンですので、定価との相対的な価格からするとこんなもんかな?

 

ってなりますが、ペンドクター=技術者の人件費がかかっていることを考えたら絶対価格として激安ですよね。

(人件費が完全にignoreされている)

 

また、本当は中子(¥200)も交換になっているはずなのにそちらも含まれていません。

基本料金で処理した模様です。

 

首軸の中軸、ペン先は同じものをそのまま転用していただけたようでホッとしています。

ここが駄目ならもう新しいの買った方が早い、って話になりますからね。

 

 

首軸をチェックしましたが当然ながらきれいになっています。

 

これからも長いお付き合いになると思うので大切にしようと思います。