読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

PC引っ越し

以前の記事通りPCを購入しまして通常の業務に必要なこと+α自分の好きなようにPCの設定を終わらせました。
我ながら、非常に高速に、ものすごい分量の設定をこなしたと思います。

 

しかし、なかなか難儀した点がありました。
なかなか準備段階で抜けていたり、対策できなかったりして難しいところ。


ということで、こんな事がありました的な書き込みです。
参考になる人もいるかもしれないので発表しておきます。

 

Microsoft Office Picture Manager をインストールする>
実は、これは現行の Microsoft Office に搭載されていません。

簡易編集ができてなかなか便利でして周りにも使っている人が多いのでインストールしてあげています。
これは無料配布の Microsoft SharePoint 2010 に含まれているので個別機能として選択してインストールします。

 


<国内外のShareWare のインストール>
最近はパソコン認証をするソフトが多くなってきましてパソコンが違ったら認証できないものも出てきています。


今回も英語にてパソコンが壊れたのでもう一度認証とれるようにしてほしい、とサポートメールに送りました。
購入した時のメールをPDF保存しているのでそういった領収書の類を添付することで相手も早く手配できます。

 

また、日本の個人の配布するShare Wareでも、最新ソフトはパスワードが変更になっておりましてメール問い合わせしました。

両方とも1~2日後に返信が来るのですが、大体は無料体験版が使えるので特に業務に支障までには至りませんでした。

 


メーラー変更>
今まではWindows Liveメールを使っていました。

Microsoft Outlook(Officeのソフト)はファイルサイズが限りなく肥大化するので使いたくありません。
4GB以上はFat32フォーマットのUSBではコピーもできませんが、数年使っていたら4Gなんて簡単に越してしまいます。

ところが問題なことに、Windows Liveメールは

Windows10 非対応です

いえ、正確には公式対応を謳ってません!


Windows Live メールの外観を分析してみていただければわかりますが、どう改造してもタブレット=モバイルには非適合です。
だからWindows10より非対応になったのでしょう。


タブレット=モバイル適合しないソフトはWindowsの開発方針と一線を隔しているので
そもそも、もはや前向きなアップデートは期待できないでしょう!
セキュリティホールがあった場合すら Windows10 にアップデートが配布されるのか?という問題もあります。


それでは、ということから仕事用のメールは Thunderbird に乗り換えることにしました。
あらかじめ前のパソコンで変換してから数日運用していたので
プロファイルフォルダをコピーするだけで引っ越し終了です!
アドオンソフトまでしっかり引っ越しできて大助かりです♪


個人用メールには秀丸メールを利用しており、これは変更していません。
HTMLメールのHTMLを殺してテキストで受信しています。
対ウィルス的には非常に強固な設定です。
こちらもコピーしたデータフォルダをコピーするだけで引っ越し完了です。


ちなみに、Thunderbirdは別のフォルダに移動して最適化するとファイルサイズが少なくなります。
例えば

「2014年メール保管フォルダ」
「2015年メール保管フォルダ」

とフォルダを作成(振り分け構造は守ったうえで)することで単一ファイルの肥大化を防ぐことができます。
とても運用しやすい。

 


<WinRARのインストール>
愛用しているこのソフトだけいつもインストールにてこずります。
要は認証方法を忘れてしまうのですよね。

パスワードや認証コードなどを使うのではなく、こういうときのためにWebストレージに購入時の情報おいていたはずがなくなってしまっていました(焦った!

前のパソコンから移植して事なきを得ましたがいつも認証の仕方忘れてハラハラします(笑)

 

他勿論沢山のことがありますが、まぁこんなところで・・・