読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

案内

先日新大阪駅構内を歩いているとき、浅草で食事しているとき、そして新宿のお店で難儀している外国人をみかけて英語の練習がてら英語でサポートしました。

 

新大阪駅ではちょっと複雑なところにいきたいのでどの駅が最寄りかわからないということから大阪駅まで一緒に行ってそこから案内をしました。
(ジャパンレールウェイパスを持っているのでJRはどこまで行っても無料なので地下鉄の値段が安くなるように大阪まで移動したのです)

 

ツアーでスペインから来たというのですが、それぞれ5人が五つの地方より来られていて、全て私が訪問したことある街でして、話をしていておもしろかったです。

 

またみなさん英語が上手!

やっぱり途中食べ物の話になって超盛り上がりまして楽しいひとときを堪能しました。

 

 

浅草では知人の働いている飲み屋があるのですが、栃木方面に日帰り出張行ってたので顔出してきました。

 

するとロシア語のような発音に聞こえる女性3人のご一行様。

英語のメニューは理解できているようですが写真がないのでお料理がイメージできないよう。

 

知人がその接客で困っていたのでつい横から声かけたのですが、3人の内一人は何やらメニューを選ぶのに更に条件がありそう。

彼女の慎重な食事の選び方から「ベジタリアン」っぽいと感じたため彼女に聞いたらやっぱり!

発音がロシア語っぽかったのですが話してみるとポーランドから来たそうで、耳も間違って居なかったようです。

 

お料理は弁当を選ばれたので、友人に頼んで適宜動物性の肉を抜いて他の食材にしてもらうことで3人同じ弁当を楽しんでもらいました。

 


そして新宿では携帯修理ショップで出会ったアメリカ人。

とある任務で来られているとのことで、一般人が知り得てもギリギリ差し障りのない範囲で、ふつうでは知り得ないおもしろい情報をいくつか教えていただきました。

 

しかしこのアメリカ人日本人の奥さんが居るのですが、日本の教育に関して疑問を呈しており、ちょっとお互いに待ち時間があったので近くのカフェで二人でこの件についてdiscussionしてました。
教育の話からお店のhospitalityの話に至るまでここ10年位でどんどん日本がおかしくなってきていることについてどんな原因があるのだろうか?など論議していました。

実に面白い!


アメリカ人特有の傲慢なところはあるけれども真剣な姿勢はすばらしいと感じました。


別れるとき彼は

”You are very good and kind”

らしき事を言ってくれたので私はすかさず

”No”

と答えますと、当然

”Why you think so?”

と問うてくる。

 

”I'm a NORMAL Japanease....”


もちろん、この言葉の裏には今まで論議したことのバックグラウンドがあり記載している言葉以上の意味が込められていることが隠れているわけですが、ちゃんと感じていただけたようでよかったです(笑)

 

 

せっかく日本に来ているのでよい思い出をもって帰っていただきたいものです。