読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

折りたたみ式キーボードのその後

先日Bluetooth式の折り畳キーボードを購入した記事を書きました

 

こんなやつです。

f:id:artaxerxes:20160919114434j:plain

f:id:artaxerxes:20160919114444j:plain

 

使い勝手は?

 

 

購入後すぐの所感なんかよりもある程度使い込んでからの感想の方がそのキーボードへの造詣も深くなり、購入を検討している人にはより重要なので再び記事にしました。

 

一言で告げると思ったよりよいです!

 

会社用にも一台購入しようかと思ったほどです。

(会社用には先日のAmazon prime now で記事にしましたがエレコムのキーボードにしました)

 

キーピッチが小さいので高速タイピングには向いていませんがソフトウェアキーボードを使うよりもやはり余裕で2倍以上は早い。

特に横棒(長くするときの棒)の位置が通常のキーボードよりも右に位置しているのが一番気になるところでしょうか?

 

Androidにおけるこのキーボード欠点は、使っているキーボードアプリによりキーハイが変わること。

これは、QWERTYは変わること有りませんが記号類の事を指しています。

 

私はATOK愛用者なのですが、メモ帳アプリ+ATOKと言う組み合わせではローマ字=アルファベット入力の切り替えボタンが有りません。

ただし、Google Chorome + はてなブログATOKの組み合わせではESCボタンで文字入力を変更できます。

 

これは試してみないと判らない、また環境により変わる。

 

本当はどこかに割り当てがあるのか?本当に割り当てがないのかは色々なボタンを押しながら探すしか有りません。

入力アプリを変更したらまた結果が変わってきますし、ここはアップル製品と違って入力アプリが多いので仕方ないところです。

 

これでプログラムを書くことはありませんが、コントロールボタンが左しかないのでこれはプログラマの人には致命的ではないでしょうか?

あっ、でも Android という性格上、キーボードなしがデフォルトですからこれでプログラム書く人も余りいないか・・・

 

もう一つこのキーボードのよいところ言えば、VPSメンテが容易になることです。

VPSなどSSHでログインしてターミナルで操作しますが、

やっぱりエスケープやコントロールボタンを多様しますからね。

 

 

私なんて使わない方だからこれくらいしか有益な使い方思い浮かびませんが、

 

「道具」

 

ですので、使う人の能力によりジャンジャンハイスペックの端末に生まれ変わると思います。

 

 

私も新しい便利な使い方を開拓しなくちゃ!

 

 

Bluetooth使いやすいようにアイコンアプリをオススメします。

 スクショ掲載しときます。

 上の方にWiFiテザリングBluetoothテザリングBluetoothスイッチのアイコンが並び、これですぐに切り替えれます。

f:id:artaxerxes:20160928203638j:plain