デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

カスタム漆

物欲の消えた今日この頃ですが、唯一欲しい万年筆がありました。

 

pilotはカスタム漆です。

www.pilot.co.jp

 

カスタム845の溺愛用者というか Top of my fountain pens とまで思っている位なのでpilotの同型漆製品に心惹かれてもおかしくはないと思います。

 

製品コンセプトと思われる無駄を極限まで省いた中にpilot社の渾身を込めているところがたまらなく好きです。

 

 

見た目は余りぱっとしないのですけどね。

逆に日本の万年筆って感じがします。

 

 

 

先日行きつけの万年筆店で試筆させていただきました。

説明に寄るとエラボーのように柔らかいペン先とのことですが、書いてみたらもうフォルカンレベルの柔らかさ(汗 ・・・

 

 

ダメです。

無理です、私には合いません。

 

 

これぞpilot!845で使っているような硬めのニブのバージョンが出てくるのであればもちろん購入を検討しますが、今回発売の柔らかいニブは私には不要です。

柔らかいペン先欲しけりゃ万年毛筆も常時持ち歩いているのでそっち使うってもんですよ。

 

pilotも流行に流されたか・・・ なんて考えてしまいました。