デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

万年筆を斬る! ~その14~

最近万年筆の集まりやお店などで気になるフレーズがあります。

 

何かの万年筆を試筆させてもらった時に思わず出てきてしまう?言葉

 

「スゲー」

 

という言葉。

万年筆ユーザーは圧倒的に男性が多いので

 

「スゲー」

 

なのでしょうが、女性ならどう言うのか?

考えてみたけど出てきませんでした(笑)

 

私は「スゲー」という感覚に出会ったこと無いからか?

同種の言葉を口にしたことありませんし、今一つわからない感覚です。

 

たぶん意味は、凄いイイ!という感嘆を表現する意味なのでしょうが、「スゲー」に心がリンクしたことはありません。

 

 

私の心の中の感嘆の言葉は

「ふ~ん」90%

「あっ(想像より)書きやすい!」5%

「あっ、好き好き!コレ」5%

 

で、どれをとっても「スゲー」って感覚にたどり着きません(汗

 

いくら高価なものだろうがペン先の構造は高いものからやすいものまで大して変わるものではありません。

そんな劇的な書き味の変化は感じられないとおもうのですが・・・

私が Custom 845 を溺愛しているのも、使い込んでからですし、購入動機は太い軸+漆塗り(←漆好き)につきます。

 

「あっ、コレ好き好き」程度はありますが、最初から書き味に溺愛するようなペンはありません。

 

コレは私が冷めているから?

それとも、感受性が低いのでしょうか?

 

ちなみに、「スゲー」の他にも、

「ヤバイ」もよく聞かれる言葉です。

 

 

いずれにしても私には理解できそうで理解できない謎の言葉です。