読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

万年筆を斬る! ~その15~

私は自他共に認める大の PILOT 贔屓の、PILOT 大好き人間です。

 

ただ、万年筆普及に細々と活動していますが万年筆に慣れていない人に万年筆をお勧めするときに思うことがあります。
たぶん、これは一般の万年筆ユーザーと違った指向なのではないかな?なぞと思っています。


それは、万年筆を初めて使う人は

PILOT の KAKUNO より、Prera よりも、 Pelikan の Pelikano Jr. がベターだと思う

のです。

 

これは PILOT 製品に限らず、Salor も Platinum も日本製品の廉価品は同一に全くの万年筆初心者にはフレンドリーには見えないのです。

 

 

ボールペンや鉛筆に慣れ親しんだ人には、ペン先は弾力はあってもなくても、硬いほうが扱いやすいのは当然として、私は国産万年筆の線が細過ぎると思うのです。
例えば KAKUNO の M を選んでもかなりの細さ。
Preppyもしかり。

 

これではペンを立てて使う癖がついているので、初めての方にはカリカリ感が強調されてしまいます。

 

もし私だったらこの時点で使うのやめていたと思います。
(幸い私は万年筆はロットリングのイタリックから入り、Pelikano Jr.、LAMY Vistaの流れでした←今でも会社で愛用中)

 


一方現在の Pelikano Jr. は A の一択しかありませんが線種としては、舶来物の M 程度。
実際かなり太いです。

 

手帳や CAMPUSノートのような大学ノートなどを意識してか、国産の F や EF の入門万年筆をお勧めされる方が多いと思います。

しかし、私としては太いと感じるのであれば、自然とボールペンに手を伸ばしていただけたら良いと思っています。


Pelikano Jr.を使った上で、もっと細い字が書きたいという欲求が出てくるのであれば、
その時に、私だったら KAKUNO あたりをお勧めします。(←どうあっても PILOT 贔屓!(笑))

それが自然かな?と。

 


何が何でも万年筆を使う必要なんてありませんし、勧めるほうも決してそんなことは考えていないでしょうが、

 

細字の方が
「使いやすいだろう or 色々な局面で使えるだろう」

という考えが無意識に細い万年筆に誘導しているのではないかな?

 

と懸念しているのです。

 

まっ、気に入ってくだされば何が最初でもいいんですけどね!

 


※PILOT贔屓な私ではありますが、軸は太い方が握力が低くてホールドしやすいという見地から、KAKUNO、Safari を提案することが多いです。

 一応理由ありで KAKUNO です。