読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

PILOT傾倒

f:id:artaxerxes:20160316162533g:plain

 

どちらかというと万年筆は海外メーカーが好きです。

 

なぜかというと、私は 微妙な、 シビアな 万年筆の 書き味、 持ち味、 バランス等は

「わからない!」

 

そもそも求めていないので。

 

 

筆圧の弱い私が楽に書ければいい、できれば持っていて楽しい軸が良い、ということから幾分か派手さのあるペンを選んでいるのです。。

 

実際の他の手持ちのペンは

 

「見た目の好み重視」

「自分の中の遊び要素が詰まっている」

「出来れば重たい軸!」

 

ばかりで、書き味に腐心して購入したものは Custom 845 漆か、Pelikan の Souveraen M800くらいで、極めて稀です。

 

ただ、やっぱりここまで筆記具として万年筆にこだわるのは他の記事で述べておりますが「歴史を感じさせる」ということもあると思います。

 

Gペンを使っていた、その流れで羽ペンを愛用していたことも関係すると思いますし、第一万年筆のペン先の形が好き。

 

元々は「新見南吉氏」の「張紅倫(ちょうこうりん)」という物語がきっかけだと思いますが、長い歴史に育まれたものは少々不便でも、だからこそ!そこが 好きです。

 

もしかして、 「へへ~ん、いいもん使ってんだよ~ん♪」 と自慢したい心も加わっているかもしれません(笑)

 

本格的に日本製品=PILOTに傾倒し始めたのが ELABO 樹脂軸を購入したときです。

Gペン感覚で使えそう、という動機から購入しました。

 

万年筆なのに、太い線も出せるし細くも書けるし質素なデザインながらお値打ちものだと思いました。

そしてデザインでも書き味でもなく「フレキシブル度合い」という実力に惚れた初めての万年筆。

通常の万年筆ではなかなかできない表現ができるのはなかなかうれしい!

 

 

これに追い打ちをかけたのが、複合ペンの消しゴムキャップ紛失事件に、グランセの落下破損事故。

 

複合ペンは消しゴムが収まっているカバーキャプが取れて紛失してしまったのです。

京王百貨店新宿の文具売り場に持っていったところたまたまPILOTの営業さんが来ており店頭に展示してあった他の商品よりキャップを外して対応してくださいました。

修理金額 金額108円也

 

10年以上使っていたもので古いので対応できないだろう、、、とあきらめ半分で持って行ってたにも関わらず即時対応で修理金額も108円とは・・・

ペンが完全復活したこととも相まって感動でした。

 

グランセの落下破損についても購入元である「書斎館」に相談に行ったところ、もうこの軸のものは売ってないので最悪現代軸になるかもしれない・・・とのこと。

正直もっと高価な商品いっぱい販売しているPILOTみたいな会社が、古い10000円そこそこの万年筆の修理にさして力も注いでくれないだろう・・・なんて考えていました。

自分的には購入金額を超えたとしても同等のマーブル軸で手に入れられるなら修理してもらおう、駄目ならオークションで同じ軸買ってニブだけ付け替えてやれ!

と思っていました。

 

しかし、予想に反して修理結果は、尻軸交換 金1080円也

 

なんて良心的なんだ!

 

 

私たちが現在目にする身の回りのモノはほとんど「量産品」です。

パソコンやiPadなど見ていたらわかる通り、店頭に並んでいる「商品」より「部品」の方が高額なのが普通です。

 

なぜなら、物品単価に

 

「絶対に損の無いように!」

 エクストラの人件費を乗せようとするから。

 

以前 SONY VAIO のノートパソコンのマウスボタンのキートップ一つ交換するのに19000円以上取られたことがありましたが

 

近頃の「サポート」というのはサポートではなくて純然な高い利益の「商売」です!

 

どうせ50円もしないものを・・・

 

これはもう、近頃の 

 

世間の勘違い

 

に他ならないと思います。

 

 

そんな量産品に囲まれた生活をしている私にとって、修理費のこの100円や1000円はたまらなく新鮮に感じてしまったのです。

 

これこそまさに文字通り「サポート」だと。

 

その後ペンクリニック、京橋のペンステーションなど「サポート」は「サポート」としてサービス精神旺盛なところに、確実に PILOT愛が芽生えてきましたね!

 

 

普段私は特定メーカーとか特定商品とか単純なお勧めはしませんが、 PILOTだけはお勧めしたいメーカーです!

 

 

Treppensteigen:  XX Stockwerke