デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

クルコン

f:id:artaxerxes:20160907115834j:plain

 

先日、長野に日帰り出張に行ききました。

社用車は生憎他の方が全て使っているので、打ち合わせ時間と列車の時間との兼ね合いで仕方なく自家用車にて。

 

今回は積極的に定速走行するための「クルーズコントロール機能」を利用しました。

 

私も過去色々な国産車のクルコン使ってきましたが正直高級車だろうがどこのメーカも乗り心地も燃費も自分の運転と比べると今二つ程度なんですが、我が家の舶来車は大衆車ですが長年大陸で培われてきただけあり、秀逸な燃費を叩き出してくれます。

 

経済速度より上の設定でしたが、結局的的にカタログ燃費+3.5Km/Lと697.1km走行して30Lピッタリの給油で終わりました。

もちろん、松本市内、長野市内では下道合計50Kmの渋滞含んでの結果です。

 

しかし、正直なことを言うと、燃費よりも乗り心地なんかよりも大切なクルコンを利用する目的があります。

それは

 

「警察に捕まらないようにするため」

 

  • これに尽きます!

 

クルコンで走っていると、ガツガツ走ることもなくなり、勿論一定以上のスピードは出ません。

勿論、運転自体はしなくてはならないため後方のミラー確認など必ずやっていますが、覆面が走っているかどうかなどに気をもむ必要もなくなり、東京から岡山まで行けてしまう足掛け700kmという距離もそんなに気疲れなく走破できました。

 

スピードリミッター機能もついていますが、私はクルコンの方を多用しています。

 

スピード違反で何度も取り締まられている方にはクルーズコントロールをお勧めします!