読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

違和感 ~ Monteverde PRIMA ボールペンの続編

先日、モンテベルデのボールペンを購入した記事を書きました。
一定期間使用しましたので再びレビューというか使用感を記します。

thutmose.hatenablog.com

同じ、プリマシリーズの万年筆をもともと持っていましたが、ともに実に書きやすいです。
実用上問題ありませんし、ほぼ毎日の使用でも機嫌よく働いてくれております。

購入時に入っていたボールペンリフィルはインクの出が今一なので、PAKER(=適合する) か カランダッシュ(=適合かどうかは要検証)のリフィルに入れ替えるつもりです。

でも 書き味、というか書き心地は バッチリ!

でも、

しかし、

なぜか・・・?

なんだか違和感。

・・・・

・・・

・・

色々考えた結果、多分 「軸が太い」 からだと思います。

太いからフィット感に違和感を覚える 模様。

?あれ? 万年筆ではあれほど太軸大好き人間なのになぜ?

理由は多分 ボールペン だから。

今までPAKERにROMEOにROTRINGにPILOTの複合筆記具では、この商品のように直径14mmに迫るような太いボールペン使ってきませんでした。

これが結構大きな手ごたえの違いになっていました。 憶測の域を出ない想像ですが、これはやはり、ボールペンには筆圧が必要だからではないでしょうか?

書き心地は決して悪くなく、書きやすくなっているのですが手ごたえの違和感だけがのこります。

万年筆はペンに手を添える程度の握り具合ですが、ボールペンはしっかり握らなければなりません。 そこで感覚の違いが出ているのだと想像しています。

あくまでも憶測の域をでない憶測ですが・・・