読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

Pelikan 4001 Blue-Black について

色々なところで噂やら物議を醸しだしている、

没食子インク

正直なところを言えば、ブルーブラックは好んで使っていますし、活用させていただいていますが耐水性に全くと言ってよいほど興味なく、ハッキリ言うと 興味ゼロ なのですが、たまたま、ページを開いて読んでしまったので、 Pelikan 4001 の Blue-Black だけは、様々な情報に惑わされることないように 2016年11月現在の情報を掲示します。            

きっかけは、先日もいつも拝見しているガリィさんのページでこのような記事を拝見したところから始まります。

pgary.hatenablog.com

ガリィさんの実験結果と合わせて、実は没食子インクで、記事抜粋文章を訳し損ねて 「染料系」となったのでは?
と結論付けています。

4001 blue-black

The least complicated ink which is still relatively light resistant, is the ink "4001 blue-black", our item no. 310 607. This ink contains iron gall, which makes it much more resistant than for example the ink shades 4001 royal blue or 4001 brilliant black, but due to the addition of special ingredients, you can still use this ink without qualm in piston or cartridge fountain pens. Within time, the ink will change its tone from blue to gray, but it will remain visible. It is not quite as light resistant as the Fount India. Due to the small concentration of iron gall, this ink will not damage your paper (which sometimes happened with historic ink made of iron gall.) Document Proof Ink

一方、私は一番最初に下記のサイトを開いたのでこちらで内容を確認しました。

www.pelikan.com   

とにもかくにも結論は?

上記サイトには疑いようもなく「没食子インク」と記述されており、何の疑いもない明確な文章です。

ということで、本家本元が「没食子インク」と述べているので 2016年11月現在 没食子インクだと信じて結構です。

一応抜粋を掲載します。

4001 blau-schwarz

Die unkomplizierteste Tinte, die dennoch relativ lichtecht ist, ist die Tinte "4001 blau-schwarz", unsere Artikelnr. 301 028. Sie ist eine Eisengallustinte, was sie weitaus stabiler macht als z.B. 4001 königsblau oder brillant schwarz, aber durch spezielle Rohstoffe kann sie gleichzeitig unproblematisch in Kolben- oder Patronenfüllhaltern verwendet werden. Im zeitlichen Verlauf ändert sich der Farbton von Blau nach Grau, aber sie bleibt sichtbar. Sie ist jedoch nicht ganz so lichtecht wie die Fount India Tinte. Tintenfraß (d.h. das Zersetzen des Papieres durch die Tinte) ist bei dieser geringen Konzentration von Eisengallus keine Gefahr.

Es ist schwer zu sagen, nach wie vielen Jahren die Tinten ausbleichen, da dies von vielen Faktoren abhängt, z.B. vom Tintenfluss (war es ein schmaler oder ein breiter Tintenstrich), vom Papier (wie saugfähig war es) und von der Bestrahlung (wieviele Stunden wurde es dem Licht ausgesetzt), daher können wir keine allgemeinen Aussagen hierzu treffen.

Weiterführende Hinweise gibt es im Internet, z.B. auf dieser Seite: http://de.wikipedia.org/wiki/Eisengallustinte

色々論議されていますが・・・

きちんとした情報を知りたければ、私はやっぱり PELIKAN の本社・工場の母国語である、ドイツ語、もしくは フランス語 を開くのが一番だと思います。

独&仏文と英文の文章を比較しましたが、英語は 「大意は伝えています」がやはり英語も訳文に過ぎず「正確に伝えているとは言い切れない」内容でした。

今回の PELIKAN JAPAN の回答は、翻訳された英語をさらに日本語訳したから PELIKAN JAPAN が間違えたと推察されますが、こういう微妙な時は英語に頼らないのが吉だと思っています。