読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

万年筆の山田

長野は松本出張の帰り、時間があったので松本の町をブラブラ歩いていたのですが

万年筆の山田

に寄ってきました。

f:id:artaxerxes:20161216090849j:plain (上は店主に頂いたカードカレンダー)

こぢんまりとした店舗で原則は国産モノしか置いていなかったのですが、ここのお店で特筆すべきは

オーダーメイド万年筆

今まで作った作品などを拝見させて頂きました。

オーダーメイド万年筆ならば他にも色々作って下さるお店あります・・・
が、だいたいは同じタイプのモノ(=作り手の得意な分野)になるのと、だいたい量産されているような同じようなモノになってしまいます。

例えばちょっと、都合の悪いところを自分だけに都合の良くする、あこがれの万年筆のコピー、既存の万年筆のデザインの組み合わせなど、あるいはセミカスタム市販モデルありきで仕上がることが多いと思います。

万年筆の山田さんはかなり独創的なものまで手がけております。
他に類を見ない個性的な一本がご希望であれば、万年筆の山田さんがお勧めです。

※店舗などの写真は掲載しませんので、行くまで楽しみにしてご訪問ください。