読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

2万円は安いのか?

最近話題になっているドリームスリーパーについて考えてみました。
つまらない勝手な素人考察です。

東京=大阪間大人運賃2万円で完全個室とのことで、高いという意見や宿泊代込みで移動できて2万円は安いという意見など様々です。

ではこの2万円という単価は果たして高いのか安いのか?
リース三年償却にて考えてみましょう。

リース元金(5050万円)
 車両代金: 4000万円
 リース:  維持費900万円+リース会社利益 150万円=小計1050万円

というとこから月間リース料 140万円

では1回の運行費用は?

運転者人件費: 20000円x2人
運転者仮眠費: 5000円x2人(往路と復路の間の待機スペース)   ガソリン代: 15000円(最新式なので5Km/Lにて計算)
高速代: 15000円(夜間割引料金)
ターミナル利用料: 5000円x2回
昼間待機料(駐車料): 5000円
チケッティング手数料: 4000円x11席

以上より139000円となりました。

売り上げは大人の満席で22万円。
となると一回の運行で8万円の利益となります。

整備天候不順などを除き、月間28回運行平均にて考えると月間売り上げは224万円。

そこからリース料を除くと84万円/月程度の利益となります。 年間にすると1008万円の利益。

この他にも様々な運営経費・広告費用もありますし、正直こんな少ない利益では2万円という運賃設定がギリギリであることがわかります。
小児運賃が大人運賃に拮抗しているのもうなずけますし、採算ラインギリギリの運賃設定なのではないかと思います。

以上勝手な試算でした。
(各費用は勝手な想像のもので実際はわかりません)