デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

久保田ショック

年始、相方の実家に行くのに毎年日本酒を一升瓶で持って行ってます。

我が家では料理酒で使う広島は竹原の藤井酒造の辛口を常備して、普通に飲む方もそちらを愛飲していますが市場流通量が少ないのでなかなかタイミングが合いません。

と言うことからスーパー、リカーショップを回っていたのですが、久保田のコーナーでショック!

会社でも世間でも「久保田」と言えばありがたがれていますが、未だかつて久保田を美味しいと思ったことありません。   なんだかそれを裏付けるかのように、ただの本醸造酒

本醸造が無条件にNGと言うつもりはありませんが(少なくとも私の舌ではNGですが)手間を惜しまなければアルコール添加なんてしなくても良いのに…

少なくとも確固たるブランドを確立したメーカーのやることではないと思います。

本醸造で3000円超はいただけません。
消費者ももっとブランド名に惑わされずに本物を知らないと行けません。