読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

硬水

万年筆を洗うのに純水を使うという人に出会った。
なんでも水道水には塩素を始め_いろいろな金属質が入っているのでペン先保護のためだそうです。

随分万年筆を愛でてるんだろうと微笑ましい出来事ではありますが、私はそこまで神経質にならなくても良いと思っています。

ペリカンモンブランがまだ現役でたくさん使われているドイツの水をみると、たいそう多くのミネラル分が含まれていて、水道水なのに硬水では?と言いたくなります。

ドイツ人は特にきれい好きなので、蛇口用のタオルが用意されていることがおおく、蛇口に水滴が付いたら水滴を拭うのですが、水道水の塩素濃度が高いことに起因します。

そんな水でジャブジャブ洗われているのは祖父や曾祖父から譲り受けた年代物の万年筆が多い。

対腐食性を上げるために金ペン化してると考えているので特に水にはそこまでナーバスにならなくても大丈夫かな?と思います。