読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

手帳とロールペンケース

普段、ロールペンケースと手帳刺しで万年筆を持ち歩いています。

同じカバンで持ち歩いておりますが最近気づくいたのですが、手帳刺しの方がキャップ内でのインキの飛び散り傾向が強いことが確認されます (PILOTのインキ利用の為、インキと表現)
ロールペンケースには、空気口の設計がまだ未熟な改良前のヴィンテージ ONOTO もありますが ONOTO などは比較にならないレベルでキャップ内でインキが飛び散っています。

2日に一度くらいティッシュでふき取っています。

最初はスケルトンの為目立つのかと思っていましたが、他の万年筆も同じ頻度でティッシュのふき取り清掃したところほぼ飛び散り無し。
やっぱり手帳刺しの方が飛び散り傾向が強いようです。

確かに手帳の方が出し入れは多いと思いますが、ロールペンケースも必ず会社で広げているのでわずかな違いしかないように感じますが・・・
しかし、ロールペンケースは固形ではないので気づかないけれども扱いは丁寧なのかもしれません。

しばし注意深く観察し、原因を探ってみようと思います。