読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

コーチがいっぱい

先日会社でゴルフがありまして、メンツが足りないということで半ば強制的に参加させられてしまいました。
20年以上昔ですが、父に連れられてやっていたことあった、と以前に話したのを誰かが覚えていたようで、主宰に告げ口されてしまった為です(笑

私の会社は女性のゴルフ人口が割と高く、私と同じ部の女性社員M子さんも同じ組で出場となりました。

M子さんはゴルフ歴2~3年ですが、筋肉が少なすぎて腰痛になったりする程に超非力なこともありスコアは200以上。
前の月に練習がてら出場した会社関係の別のコンペでは220打だったそうです。

多叩きしますが本人はゴルフは楽しんでいるようです。
しかしながら、ラウンド前に色々話しを聞いて、そして彼女のスイングを見たところ、今までいろんな人にいろんなこと言われたので何がなんだか分からなくなってしまっている模様。

私も20年以上ぶりのラウンドで決して偉そうなこといえません。
しかし、コースラウンド前に私は簡単な2点だけ注意点をアドバイスして、今まで色々な善意の「優しい」コーチさん達から教えてもらったことは全部忘れてもらうよう努めてもらいました。

結果、ラウンド後半に体力の限界から崩れましたがM子さんは結局は155打にて上がりました。
往年のヨーロッパ連続賞金王!コリン・モンゴメリーの設計した難しいコースにも拘わらず大健闘です!

ゴルフはアドバイスしてくれる善意のコーチがどんどん、ワラワラ出現して、本当に困るスポーツです。 特に女性となると皆様本当に熱心にコーチしてくださいますよね(笑

ただ、問題は、、人によって言うことバラバラですし人間業とは思えない曲芸みたいな要求の数々。
一つは日本のゴルフ教育体系が存在せず雑誌もレッスンプロも言ってることがバラバラ。
元々私はレッスンプロの言うことすら100%信じてはいませんが、確実に100も切れない人は教えちゃいけませんよ。
コレ切実に感じます。

20年以上ぶりのゴルフでわかったのは、道具はものすごい進化を遂げていて、少々のミスなんてもろともしないで真っ直ぐに飛んでいってくれるのにビックリしました。
多分昔のゴルファーはクラブ総っ取っ替えで5~10打はスコア良くなると思います。
逆に同じ組の人に、私の父のお古の30年物のアンティーククラブは難しくて打てない、と言われましたがわかる気がします。

道具は確実に進化した・・・しかし、プレーヤーの質は20年以上前となんら変わっているようにはみえず、100をコンスタントに切れる人はなかなかみかけません。
今はゴルフ練習場行くと昔と違って結構若い人も女性も多くみかけます。

レッスンプロ、なんて言葉があるのでどこかで認定するような仕組みがあるのでしょう。
であれば、教育方針をある程度決めてほしいものですね。
ここが不安定なので日本のゴルフ界はパットしないように感じます。

折角ゴルフをまたやり始めて、案の定楽しかったのでもう少しやりたいかな・・・と思ったのですが、久方ぶり故に課題が1つあり、ちょっと悩んでいるところです。
しかしながら、有料知り合い含め無数の「コーチさん」が存在しますが、相談する価値のあるコーチ探しでこまってしまいます。