デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

どちらが持ち歩きに適しているのか?

スーツやシャツ、鞄のポケットに入れてすぐに使えるようにボールペンと万年筆をポケットに入れています。

f:id:artaxerxes:20161118084819j:plain

スーツ、シャツ、鞄かはケースバイケースですが、どれも持ち歩き手段としては振動が多く最も厳しいもの。
揺れる量も多ければ、角度も常に変わる、そして振動もある。

さて、それではボールペンと万年筆を裸で持ち歩いているとどちらが汚れるでしょうか?

回転式のボールペンということも関係していますが、結果はボールペンの方が断然汚れてますね

仕事の日はまず必ず持ち歩いており飛行機に乗ることも多いですが、万年筆のインクがこぼれて鞄、衣類を汚すことは今の所ゼロです。

万年筆は基本は首軸が上向けになります。
普通の持ち運び範囲では少々ひっくり返ったり売れたりしてもなかなか漏れる物でもない。

対してボールペンは首軸が下を向きます。
振動により、回転式の軸が少しずつ回ってしまうこともあれば、ノック式も鞄に入れていてもスーツにいれていても気づかないうちにノックが堕ちてしまうケースあるもんです。

ましてや最後の砦となるキャップもありませんし。。。

ボールペンは油性で非常に困った汚れになりますし、持ち歩きは万年筆だけにしようかと運用を変更を検討中です。