デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

万年筆を斬る~その21~

前編は本編のフリでして、続編になります。
正確にお伝えするとこちらが書きたかったことです。

さて、ツバキ文具店の「設定」「ディテール」が甘いと言う方が居る話をしました。
その方がもう一つ盛んに指摘しているのは、

ぽっぽちゃんのペンが立っていること。

逆に聞きたい!

「ペンが立っていることが何が悪いのか?」

少なくともヨーロッパで書かれた「書」の文献を見る限りは「ペン先を寝かせて書け」なんて一言も書いていません!
あるとしたら、アメリカからの逆輸入書籍で僅かに見られるくらい

また、ヨーロッパ人にペン先は寝かせて書く物かと聞いたって、首をかしげられるだけです。
「なんかこの人頭おかしいのでは?」 ・・・とね。

私も「寝かせて書くべき」という考え方は全くのナンセンスと考えています。

このような日本のガラパゴス仕様を大々的に宣伝するのは止めて欲しい!
このようなつまらない決まり事を作るから万年筆ユーザーの裾野が広がらないのです。

このブログを少しでも目にした万年筆に少し興味を持っている方、

どうかご安心ください!

万年筆は立ててて書こうが寝かして書こうが構いません。
寝かせて書けというのは、日本とアメリカだけで信じられている迷信に過ぎません!

安心して好きに使って下さい。

因みに、このような間違いの元凶になっていると思う一つに
PILOTが理想の筆記角を「51度」と書いている事が大きな誤解を生んでいると思います。

「51度」です!

この角度を見て一瞬でピンと来た方は居るはず。

そうなんです! この私の仮説を立証するために随分多くの書物を読みあさりました。。。
この種明かしはなかなかに説明に時間がかかるのでまたの機会に。

万年筆に関して、万年筆愛好会の類いが公開していることが唯一の「解」でも、「流儀」でもありません。
これを読む皆さんにはどうか

「自由に好きなように万年筆を使って下さい!」