デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

サーバー構築

なかなか更新が出来る時間が持てず読者登録して下さっている方には本当にすみません。
実は自分の部署の業務システムが古い上に複数のExcelブックを連携させて作動させているゆえに、色々と問題が出てきてしまいました。
だましだまし使っていったのですが、トラブルが発生する度に営業活動が阻害されてしまっておりまして非常に困っておりました。
(このシステムを作っていた人はとうの昔に定年で辞めてしまっており、少しITに覚えのある私が対応していたのです)

ソフトハウスに見積もりをとってみたら軽く500万だとか、現行機能の全実装の場合は1000万大台の「覚悟」が必要なぞといいなさる(汗
どのようにしたら自分たちの思い通りに解決できるか?
を約2年くらい迷っていったわけですが、私にとって一番の鬼門であるデータベースについて勉強をして「できる」という確たる手応えを感じた為、自分で全く新規に作り替えることを会社に立候補しました。

というよりも、ソフト屋さんの人には誠に申し訳ないのですし、私も過去どっぷりとソフト屋に居た人間として言わせて頂くと、過激意見を言わせて頂きますが

ソフトハウスやシステム屋にまともな業務ソフトが作れると思っていません。

クライアントソフトはC++にて構築するのですが、通常の在庫~売上管理するレベルの業務システムでは必要な技術なんて、たかが知れています。
今回の開発ではそういった私が日本のソフト開発業界に辟易している部分への個人的な逆襲とも思っています。

部品単位でのハードからOS、全体設計、データベースの構築に、使用言語、会社のコンセントの電力計算に至るまで吟味に吟味をしての会社へのプレゼンテーションで私に対しての特別予算を得たので

「真剣」

ではありません。

「マジ本気・真剣、命がけモード」

です。
今は、私がシステム構築に20万円必要だから出して!と一言言えば、理由も聞かずに喜んで会社はお金を出してくれる状態です。
普段仕事でつかっているのがノートパソコンなのですが、マルチディスプレイ化するために事務所には23インチのディスプレイ、家に持ち帰ったり外出先でもできるように、持ち運びのできるUSB電力でも表示できるTFT(23インチのディスプレイの3倍の価格する)を使いたいとリクエストしても何の文句もなく購入してくれるほど、強烈にバックアップしてくれてます!

これがマジ本気モード以外ではできませんよ!

ということから、寝ても覚めても新システムの設計に脳のタスクのほとんどを捧げていたため更新ができませんでした。

万年筆は日々使ってはいる物の、キーボードに持ち替えている時間が長くなった為、万年筆ネタは少なくなると思います。
そのかわり、このシステム開発に関連して収集したデジタルガジェットの方はアップ出来ると思います。
余り居ないとは思いますが、更新を待って下さっている方には申し訳ありません。

ぼちぼちアップしてきたいと思います。