デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

ヤマト運輸大幅値下げ

以前のヤマトの記事の続きの記事になります。

thutmose.hatenablog.com

とうとう、ヤマト運輸より自主的な大幅値下げ案がやってきました。
大幅と書いたのは、以前契約していた送料よりも安くなっていたため。

元々は残業代をきちんと支払っていなかった ヤマト運輸自身の問題を Amazon と その貨物増加に転嫁したところまでは良かったものの、そのままでは Amazon を悪者にした理由に矛盾が出てくるので、値上げに大口契約の解除と断行していたのでしょうね。

しかし、よっぽど収支が悪くなったのでしょうか?

6月に開始して、もう方針がブレてます

・・・いえ、正直私の予想通りでしたが。

私の会社はそんなに貨物量の多い会社ではありませんが、1週間に1回は50カートン~100カートンクラスの発送もありますし、大口全て福山通運と佐川急便に出していたのでドライバーの歩合もさぞ悪くなったことでしょう。

ヤマト運輸に情けをかける人も少なくはありませんでしたが、値上げ時のドライバーの態度に気を悪くした人もあちこちで数多くおりまして、ドライバーとお客との関係を悪化させてしまったのも貨物減少の一因だと私は思います。

周りの仲の良い会社も値段よりも本件のヤマトの対応に憤慨して軒並みヤマトより撤退しており、態度を硬化させてしまっているので、値下げ案を持ってきても更に値下要求を出している状態です。
(値下しても佐川や福山通運より高いから、少し安くなったからと言って一度採用を外した業者を再採用にはならないのは会社という組織で動いている以上は仕方無いと思います)

今の所私の予想通り進んでいます。

とは言う物の、スマホニュースでは貨物量は減っていないという様な書き込みも見られます。
何の数値の提示もないので記事の信憑性は疑いたくなりますけど・・・。

意地悪っぽい発言ですが、今後の動向が気になります。