デジタルとアナログの狭間で

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

コクヨの Campusノートに Waterman BBの組み合わせ

先日記事にしましたが、最近ノートにコクヨのCampusノートを使っています。

主に使っているインクは、 - PILOT の 竹炭 - Waterman の Blue Black - Pelikan の Royalblue

この内、書いている時には Waterman の Blue Black が線種が細くて黒く見えてしまいます。
余りにも青が目立たないので後で見るときに不都合あるかな?と心配していたのですが・・・

1週間程度経過したものを見てみると、無事に

「青緑色」

に変色していました。

f:id:artaxerxes:20171013154608j:plain

乾いたら黒色系に変色するという一般のブルーブラックとは逆の性格ではありますが、無事に Waterman らしい青緑が出てホッとしています。

キャンパスノートも変色してくれる紙のようです。
(時々変色してくれない紙があります。 紙への浸透圧、浸透性が関係しています)

※Watermanのブルーブラックを使う方は 私のように、「緑化」を期待している方もいらっしゃると思いますので本記事を作成しました。