血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

運の良い試筆

昨年末 出張先で予定外に Pelikan M205 万年筆を購入しました。

以前「自分に合わない万年筆」として記事にしておりましたが、手帳に使っていた ショップモデルの プロフィットスタンダードをギブアップしました。
これの代わりに手帳に使える細い線の描けるものが欲しかったのですが、PILOTの万年筆は既に沢山もっていますし、国産万年筆を買う気にはなれず、舶来モノでPILOTのFクラスというと、まず思いつくのは Waterman。
しかし、 嵌合式 かつ 重たい Waterman のペンは、私は手帳には適していないと思いました。 ということで、PILOTのFで、使い込んだが故に太めとなってしまった万年筆を手帳に差してつかっていました。

そんな時にふと陳列ケースの横を通りかかった時に目に飛び込んできたのは Pelikan コーナーの M205の ペン先 です。
決して「ペン軸」に目が行ったのではありませんでした(笑)
遠目ですが直感的に「細い!」と確信し、店員さんを呼んで同じ陳列ケースにあった

f:id:artaxerxes:20180105141715j:plain
M205 Blue Marble

ブルーマーブル軸に付け替えて試筆させてもらいました。

試筆したところ、付けペン状態では思うような線幅です。   しかし、問題なのは インクを通した場合、付けペン状態よりもインクフローが良い傾向がある ことです。
こればっかりは付けペンでシュミレーション・想定をしなくてはなりません。

万年筆購入においてこの 付けペン、吸入したペン の状態の違いが、最も判断が難しいところだと思います。
今までも、店頭で試筆したとしても 十中八九程度の割合で、家に帰ってインクを吸入して書いたら思っていたのと微妙にずれていた、ということを繰り返していました。
私の目的が明確であることが店員さんに通じたのか、試筆コーナーにある「ペリカンの黒」であればインクを通して試筆しても結構ですよ・・・と神のお言葉があったからこそ無事、満足の結果を知った上で購入することが出来ました。

店名をココに書くと、いずれか必ずインク入れて試筆させろと言う方が出てきますので、ココでは店名も場所も出しません。
その時、私の購入する意思と意図が明確だったので店員さんが特別に許可してくれたのだと思います。
本当に単純に運が良かったのです。

インクを通した場合、真の万年筆の筆跡が見えるのは本当に良いです。
線幅を確認する手段として、水を吸入させてもらって確認したことも有効で過去にはありますが、少し試験環境が特別になるので理想とは言えません。
(この試験方法もそこかしこで真似されては困るので詳細は伏せときます)
単に、今回は本当に運が良かったのです。