血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

Windows SuperFetch

Microsoft Windows 10 の無駄機能のトップテンに入るだろう、と追われるバックグラウンドサービスである SuperFetch機能を切る方法をご紹介します。

どのような機能なのかという詳細はネット検索したら沢山出てくるのでそちらにお任せしますが、端的に説明するとWindowsのトータルパフォーマンスを向上させるための機能です。
Windows XPでは PreFetch機能として記憶しています。

・・・が、私が会社で多数のパソコンをサポートしている限りでこの SuperFetch は悪影響と大幅なパフォーマンス遅延を発生させるだけで無用の長物です。

特に先読み機能はすさまじい作業障害を発生させますので迷惑極まりないです。
SuperFetchと、拒否権のない勝手な WindowsUpdate@Home Edition、が重なった時には、ノートパソコンではハードディスクの書込読込が延々と続き、実質操作不能になりこれだけで無意味な残業に追い込まれる人も居るくらいです。

Microsoftのようなセンス皆無の会社は、こう言った「気の利いた」機能をつくらないでもらいたいものです。

といことで、徹底的に排除します。

まずは、デスクトップしたのツールバー検索のところから「サービス」と打つとサービス設定が項目に出てきますのでクリックします。 f:id:artaxerxes:20180228111512p:plain

出てきた「サービス」のダイアログで 「SuperFetch」を探します。 f:id:artaxerxes:20180228105100j:plain

あとは、「手動」もしくは「無効」にするのみです。 f:id:artaxerxes:20180228105106j:plain

ショボい技術者であれば「自己責任でお願いします」とわざわざ目立つように書くところですが、こんなので、Windowsが不安定になるとは到底考えられませんから私は「本来自己責任」でもあえて書きません。
そんな不安があるのであればブログなどで紹介もしません。

Microsoft のお節介ソフトでお困りの人は多いはずなのでどんどんご活用ください!