血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

八丁味噌クライシス

http://www.8miso.co.jp/pdf/hogoseidonikansuruhodo.pdf

www3.nhk.or.jp

本来八丁味噌を名乗って良いのは、カクキューとまるや八丁味噌の2件だけのはず。
岡崎城から八丁離れた場所にあったから「八丁」味噌の名がついた。

これが、政治的な思惑から劣化版八丁味噌が認められ、本来名乗って良いはずのカクキューとまるや八丁味噌が名乗ることができないようになりました。

誠にけしからん話です。

なんでもかんでもブランド化、ブランド化と言って儲けることばかり考えていますが、

ブランドとはひたすら真摯に物作りをしていった結果として、多くの人がその品質やデザインを認めたものであり決して自分から名乗ってつくるものではありません。

トヨタは安定品質の世界のブランドたりうるものですが、レクサスは単に値段を吊り上げる為に作り上げた偶像です。
ブランドでも何でもありません。

これは消費者も完全に本質を忘れています。
完全にブランディングビジネスに毒されてますね。

そもそも役人仕事に全く期待は持てないとは言え、この農林水産省の余りのクズ対応の行き着く先は「品質の崩壊」のみです。
今回の一件だけみて判断すると、害悪機関ですね。

木桶を作れる人が居ないなら国が助成するべきこと。
樽の製造も八丁味噌の製造にも他には真似られない独自ノウハウが必要なのは当たり前の話で、
それこそが本当の価値です!

日本の伝統的な技術を高く売り込み守るための施策では無かったのだろうか?
それが逆にものずくりのレベルを下げてブランド化を進めてることに疑問を抱かない所が脳ミソ芯から腐ってます!

八丁味噌をよく知らない日本の人、海外の人に対して、ニセモノの八丁味噌を食べて欲しくないな・・・悲しい。