血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

カット野菜

最近会社にてお昼ご飯を電子レンジorフードコンテナ調理してつくっているのでカット野菜を購入するのですが、お昼近くには売り切れていることがたびたび出てきました。

キャベツの値段の見ると一玉480円などの値段がついています。

片やカット野菜はワンコインで購入できます。
さらにマスコミでカット野菜に群がっている状況が取り上げられ=宣伝された結果、

カット野菜=安い

という社会認識が出てきているようです。

でも待ってください!
会社の下にあるスーパーのカット野菜を見ると、100gで約100円です。
キャベツに、ピーマンに、ニンジンにもやし etc。

いろいろ入っています。
グラム単価1円です。

一方キャベツは一玉最も小さい小玉クラスでも 1Kgです。
一玉500円としても、最も高騰目立つキャベツのグラム単価は0.5円程度がマックスです。

今は、もやし大幅にカサ増しされておりキャベツの量少なくなっているように見受けられるものが多く並んでいます。
末端店頭単価で考えたら、0.3円/g程度に下がったものを1円/g単価でかわされているのですよ!
まぁ、キャベツなどの葉物の単価が上がっているので一概には下がったとは言えませんが・・・

もともと、少ししか使わない人は元からカット野菜購入しているでしょう。
普段、キャベツを一玉単位で購入して使い切っていた人は、今もやっぱり一番安い購入方法は一玉です。

カット野菜何も安くないです。

もっと冷静になってお考え下さい。