血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

筆記可能量調査 No.7 ~ PILOT 3号ニブ 首軸のみ + 細字

主旨説明

これは「筆記可能量調査」と題しまして、手持ちの万年筆を満タン吸入したら一体どの程度書けるのだろうか?

これを、私たちに馴染みの深い 玄奘訳 『般若波羅蜜多心経』 を何枚書くことができるか? ということ基準にして 「だいたい」の筆記できる量の目安を知る、という主旨のシリーズです。

今回の投稿も、この「筆記量可能量調査」シリーズでの一つとなりますので万年筆を実用する中でご活用ください。

過去試験結果を集めたリンクは一番下です。

お手本

下記サイトよりダウンロードしたPDFを使います。
shakyo-print.com

少し小ぶりなのですがダウンロードしたなぞり書き練習用プリントの般若心経を、A4サイズのコピー用紙にレーザープリンタで印刷したものを使っております。

試験条件

PILOT 3号首軸 + 細字

前回の試験では PILOT 3号ニブの中細字の首軸だけの試験でした。
今回は「細字」です。

インクを吸入してから少し筆記してインクが安定してペン芯に馴染んだ頃をみはからってコンバーターを抜きました。

試験結果

結果は1枚と6行目の終わりの方
文字数は392文字です。

f:id:artaxerxes:20180316084521j:plain

あれ?中細字よりも書けない・・・
コンバーターcon-40を目一杯吸入した時と同じく細字の方が書けないという事象が発生しました。

実は、この試験の前にも一度試験していたのですが、1枚目終了してから2枚目書き始めるまで1日程度時間があいてしまいました。
その時の結果もだいたい1ページと6行目まで。。。

コンバーターもカートリッジも無い、「異常な」 状態で、しかも嵌合式にておおよそ1日の放置は、乾燥の影響が絶大と思われるので試験の結果としては相応しくなく、掲載を見送りましたが同じような結果が出てきたところをみると、余り影響がなかったのかもしれません。

中細字の試験では、con-40フル筆記試験は青軸の青インク、首軸だけは赤軸の赤インクを使いましたがおおよそ想定結果となりました。
となると、もしかするとこの細字の緑軸のニブが、個体差として保水量が少ない、或いは緑インクが染料の兼ね合いから筆記距離数が少ない、ということが考えられるかもしれません。

ただ、趣味の文具40号のインクの表面張力、粘度の試験結果を見ている限りでは緑だけ著しく表面張力や粘度がかけはなれている、、、というわけでもなくどれもどんぐりの背比べ状態。

どちらかというとペン芯ユニットの製造バラツキ、もしくは組立バラツキから発生するのではないか?
というのが現在感じている私の意見です。

同じペンの黒軸に細字があるので3号ニブについては仕切り直しをします。
(10年程度使居続けているペンでペンポイントが私の書き癖に合わせて削れて、すでに細字なのにスタブ調になってしまっているため、インクの消費量は多くなると思いますが一つの方向性は見つけられると思います)

結果一覧

メーカー タンク種別 字幅 完全筆記枚数 到達行 総文字数 備考
PILOT con-40 細字 8枚 5行目途中 2450文字 PILOT 3号ニブ
PILOT con-40 中細字 8枚 9行目頭 2522文字 PILOT 3号ニブ
PILOT Custom 823 首軸のみ 太字 1枚 13行 513文字 インキ止作動状態
PILOT Custom 823 太字 9枚 14行目途中 2917文字 PILOT 15号ニブ
PILOT Custom 823 太字 11枚 12行 3488文字 PILOT 15号ニブ
PILOT PILOT 3号首軸のみ 中細字 1枚 12行中程 468文字 PILOT 3号首軸のみ
PILOT PILOT 3号首軸のみ 細字 1枚 6行終り 392文字 PILOT 3号首軸のみ

過去リンク

筆記可能量調査 No.1 ~ PILOT con-40 + 細字 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.2 ~ PILOT con-40 + 中細字 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.3 ~ PILOT 15号ニブ 首軸のみ! - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.4 ~ PILOT プランジャー式 太字 第1回 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.5 ~ PILOT プランジャー式 太字 第2回 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.6 ~ PILOT 3号ニブ 首軸のみ - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査 No.7 ~ PILOT 3号ニブ 首軸のみ + 細字 - デジタルとアナログの狭間で

前提条件詳細リンク

筆記可能量調査 ~ 前提条件 - デジタルとアナログの狭間で
筆記可能量調査~ 前提条件2 筆記距離について - デジタルとアナログの狭間で

シリーズリンク

thutmose.hatenablog.com

ご希望やご質問など

筆記可能量調査 No1お問い合わせ に質問リンクを置いております。