血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

イエローシグナル

去年末に楽天が携帯電話事業者に参入できる法的?準備が整いました。

・・・が、総務省からのお達しは通信設備は原則自前で揃えること。
という但しがつきました。

楽天は2025年までにおおよそ6000億円の設備投資をする、ということですが、docomoauも毎年サービスの維持・向上の為に毎年5000億円以上投資し続けているようです。
と言うことから勘案すると、少なくとも2~3兆円は投資しないと全国で使える最低限の通信網を構築するのは無理ではないでしょうか?
しかも、2019年秋からのサービス開始となると、今からですと4Gと5Gの両対応できる設備でないといけない・・・

元々の投資額からすると、十中八九docomoの設備を借りようとしていたのは明白で2019年中のサービス開始を唱えているのでどうするのかを注目しています。

ネットではDSDSを使うことで2つの電波網を使って解決、みたいなアイデアも出ています。
・・・1契約の値段で2回線、とか、ソフトバンクを思い出してしまいました。
DSDSならばやっぱりdocomoに頼りっきりになるということですね。

2025年までに6000億円ということであれば、現在のdocomoauの設備投資額から勘案すると楽天の携帯サービスがまともに使えるようになるのは・・・もう予想出来ませんね。

楽天が参入ということで、携帯の料金体系(特に2年縛り)が変わることを期待していた一人ですが、まだまだ期待できなさそうです。