血圧クリーム

文具、デジタルガジェット、お料理、そしてバロック音楽について浅く広く徒然なるままに書きます

インクチェンジの検討

以前AURORAというメーカーの OPTIMAというシリーズの万年筆がポッキリと折れた記事を書いています。

thutmose.hatenablog.com

先日ショップから修理終了の連絡があったので取りに行こうと思います。

さて、今までは PILOTの色彩雫シリーズより「紅葉」を入れていました。
思い入れのある色でして、少しピンクっぽい表情も見せる色でとても気に入っています。

あまり考えたくないのですが、ああもポッキリと折れるのはインクとの相性がよくないことが原因なのではないだろうか? と憶測してしまうのも無理からぬこと。
(一応、折れたのはセルロイド部分ではなく、透明窓部分ですが・・・・)
ましてや、セルロイド(正確にはアウロロイド)のような極めて繊細な樹脂軸だと赤のようになかなか洗浄できない頑固な色はやはり樹脂になんらかの影響を与えているのではないか?
とか考えてしまいます。
インク窓も、ペン芯も丹念に洗浄しても赤く染まっていましたから水性でも油断なりません。

確かAURORAインクに現在ボトルの赤はなかったはずです。
でも軸にあわせて赤を使いたいのでここはやっぱり、同じ欧州製品である PELIKAN の Brilliant Red もしくは、Waterman の Absolute Red のどちらかを使たほうが優しいのかもしれません?

AURORAですと、イプシロンなどの金属軸だったら気にせず使ってたらよさそうですが、樹脂軸でしかも回転式といことで、ちょっと繊細そうなOPTIMAなので切り替えようと思います。